いらっしゃいませ

44Gブログ

オイルクーラー

夏~は股間が痒くなる~🎶

エンジン オイルも暑くなる~🎶

っということで

戦闘員様の機体にオイルクーラーを取り付けさせて頂いております。(笑)


44Gオイルクーラーキット  クラーケン  (必殺技はオーロラレアポリス【お客様談】)

特徴は?
特徴①
オイルクーラーコア自体にオイルを貯めておく機能があるサイドタンク式を採用しております。
このコアだけで1リッターオイルが増えます。

コアの上下に秘密あり。ここにオイルをためます。

オイルクーラーは付けただけでもこれくらい冷えます(笑)



特徴2  他社での話しS660のオイルクーラーキットは大概はエンジンの下あたりに設置されておりました。これ…ヨシタク的には凄く怖い。(ワタクシももちろんそれしか無かった時代はそれを装着しておりましたよ)サーキットでコースアウトの危険性や飛び石の危険性などなど。
街中でもちょっと下回りをヒットしようもんなら、とかオイルLINEを引っ掛けようもんなら(^ω^;);););)
という理由により、G的オイルクーラーは
右フェンダー内に設置します。
サイドダクトが一般化した今ちょうどサイドダクトの穴の位置にくるように設定してます。
もちろんサイドダクトのないノーマルにも対応しております。

オイルラインっていうと人間でいうところの太い血管にあたります。切れたらヤバイとこ。
それが危なっかしいとこにあるのでいややなと…。
思ったのがきっかけ。

サーモスタット付きのオイルブロック。
オーバークール対策もバッチリ。
油圧センサーや油温センサーも簡単に取り付け可能です。
しっかり油圧のかかる取り回しと工夫もあります。





しっかり風を抜けなくするとさらにこれくらい冷えます!↓↓↓

今回はノーマルフェンダーの戦闘員様ですので、
下の、ダクトから導風して
しっかり風の逃げをブロックしてコアに風が流れるようにします。
もちろん電ファンもご用意しております。


電動ファンを回すと更にこれくらい激冷えなります(笑)



パット見わからんけどオイル装着後(笑)


オイルクーラー装着前(笑)

ノーマルフェンダー対応。
~完~

今回はメーターも一緒に付けましょうよっていうヨシタクの提案にお客様が金額にビビってしまいメーターは次回に持ち越しなのです(๑>؂•̀๑)テヘヘ
ビビらしてすいません(´;ω;`

車の温度管理はしっかりとしないといけない季節ですよ~(o´罒`o)

↑ご購入はこちらよりお願いします。